CAM TECH BLOG

株式会社CAMのエンジニア・デザイナーの活動を綴るブログです

株式会社CAMの技術ブログです。 エンジニアとデザイナーの活動や組織文化を綴ります。

19新卒デザイナー研修レポート(4) 〜油画科、大海を知る〜

f:id:cam-engineer:20190613152703p:plain

はじめまして、株式会社CAM新卒デザイナーのクリリンです。

入社後新卒デザイナーとしてサイバーエージェントグループ合同の研修に参加してきました。

大学では美大の絵画学科油画専攻に所属し、ひたすら抽象画を制作していたので、デザインの経験値はほとんど0からスタートしました。

そんな超デザイン初心者だった私が、研修を通して学んだことと自分の成長について書かせていただきます。よろしくお願いします!


研修で学んだこと

アートとデザインの違い

大学での美術制作は、自分が何を作りたいか、どう考えているかなど自己表現主体で制作してきましたが、デザインはユーザーの問題解決のために制作します。

コンセプト、色や配置一つひとつにもこの色の組み合わせだったら読みやすい!とか、この配置ならスマホの画面でも操作しやすい!など、ユーザーに対するデザイン的な意図が求められます。

だいぶ苦労しましたが、何回か課題をこなしていくごとに、次第にデザイン的な考えを持って制作していけるようになりました。


インプット

デザインにおいてインプットは一番の上達の近道です。

アウトプットしようにもインプットがないと何を作ればいいか迷ってしまいます。

私は競合になりそうなサービスをみたり、人気のアプリを片っ端からインストールしたり、Pinterest に大量にストックしたりして、とにかく最速で色んなものをインプットできるように頑張りました。

また、検索の上手い人はデザインも質が高かったので、インプットの効率化はデザインの底上げになると思います。私もまだ練習中です。


スケジューリング

研修の期間内は大体1週間でポスターやアプリやゲームなどを作るので、最初に自分のペース配分を考えておかないと後々の自分が大変なことになります。私のことです。めっちゃブーメランです。

良い制作物ができたとしても期限に間に合わないと仕事にならないですし、研修でもそれは同じです。

余裕あるスケジュールを意識し、デッドラインを守るのは、社会人として最低限できないといけないなと痛感しました…。

私は失敗の経験から、提出日の1日前に一旦完成!のイメージで制作していました。


人の作品を見る、見せる

研修中は講師の方々やメンターさんに見てもらうのもそうですし、優秀な同期とデザインを通して交流できる貴重なチャンスでもあります。

講評で他の人の作品を見たり、色んな人にコンセプトや作ったものを見てもらい、客観的な意見をもらうことでデザインの精度も上がりました。

特に周りがすごい同期ばかりの環境なので、アドバイス言ってもらったりしてかなり助けられました。(みんな本当にありがとう!)

以上のことを意識した結果、劇的に変わった私のWebサイトの課題がこちらです。恥を忍んで晒します!!!

Before
f:id:cam-engineer:20190604204023p:plain
⬇︎ ⬇︎ ⬇︎
After
f:id:cam-engineer:20190604204044p:plain

サイバーエージェントのサービスを紹介するwebページの制作という課題でした。

中間講評では下位でしたが、インプットやデザイン的問題解決の視点などを実践し、最終講評では上位に入れました。

ぐちゃぐちゃのトンマナが統一され、色々と拙いですが、Beforeよりもサービスの内容が伝わりやすくなっています。

デザイン的視点で少しずつ考えれるようになり、成長できた課題でした。


まとめ

私にとっては初めてだらけの研修でしたが、デザイナーとしてやっていく上で大切なことを学べた1.5ヶ月でした。

今は希望していた占い事業部に配属され、日々デザインと格闘しています。


次は、研修期間にメダルを獲得した猛者、さえちゃんです。

www.cyberagent.co.jp