CAM TECH BLOG

株式会社CAMのエンジニア・デザイナーの活動を綴るブログです

株式会社CAMの技術ブログです。 エンジニアとデザイナーの活動や組織文化を綴ります。

19新卒デザイナー研修レポート(5) 〜厳しい、悔しいを乗り越えた2ヶ月間〜

f:id:cam-engineer:20190610151809p:plain

初めまして。CAMの新卒デザイナーの杉本祥英と申します。

この度、北海道にある公立はこだて未来大学から株式会社CAMにデザイナーとして入社しました。

これからサイバーエージェント(以下CA)と合同で行われた2ヶ月間のデザイナー研修について綴ろうと思います。

正直とても大変で、朝ごはんも喉を通らなかったり、心が折れそうになることが何度もあったのですが...、今はCAMに入社し、この研修を経験することができて良かったと感じています!

あれほど辛く、あれほど成長できた経験はこれまでありませんでした。研修で感じたこと、学んだこと、たくさんあるのですが、3つのポイントに 絞って紹介いたします。


1. 時間の管理はスキルより大切!

研修は1週間で1つ、与えられたテーマに沿った課題に取り組み、プレゼンテーションをします。ただ配色やレイアウトを考えるのではなく、デザインコンセプトから制作、発表までを行うので時間の管理がとても重要でした。

私はこの時間管理がとにかく苦手で した。全体で1週間ならばコンセプトは2日ほどで固めなければならないところ、毎回4日 ほど普通にかかってしまい、制作期間が2日しかないということが何度かありました。

そのせいで作品をブラッシュアップする時間が足りず、納得がいかないまま発表を迎えてしまうなど悔しい思いも経験しました。

今実際に業務をしていますが、時間管理の大切さを身にしみて感じております。いくら素晴らしいスキルで良いものを作っても、間に合わなければ本末転倒!上手く時間を使えるように意識して経験を積むことが大事だと感じました。


2. 色彩・配色って難しい!

研修課題の講評で1番多く指摘されたのが、色彩とその配色でした。5つの課題中3つで指摘されました。正直、今まで色彩に苦手意識を持っていなかったので1番の発見でした。

私は淡い色やグレーがかった色が好きです。眩しいのが苦手なのと、見ていると安心する からです。コンセプトに沿って考えていたつもりの色が、いつの間にか自分の好きな色になってしまっていました。

「自分を出すのはまだ早い」研修中に言われて印象深いひと言で す。この研修を通して自分の苦手な部分に気づくことができたのが一番よかったです。色彩・配色、デザインでとても重要な部分なので克服できるよう努力します!


3. 本気で取り組むって厳しいけど楽しい!

​研修といえど会社は会社。大学の課題とは違います。ユーザに満足してもらうためには、コンセプトから操作性、それに沿ったレイアウトやグラフィックが必要です。

研修中、講師 の方に何度も「本当にこれが最高だっていう自信ある?」と問いかけられました。その言葉を聞く度、本気でユーザのことを考えて本当に自信のあるものを出さなければいけないという、当たり前でもあり、実は気づいていなかったことに気づかされました。

私の中でこの研修は、今までで一番本気で取り組めたという自信があります。自分の中で納得のいくまで考え、アウトプットも片っ端から既存のアプリやwebをみて、それに近づけるためにスキルを 検索し作り込みました。

結果、5つの課題の中で2つも「メダル(※)」を勝ち取ることができました!制作中は試行錯誤 し苦労も経験しましたが、メダルをもらえた時の「達成感」は今まで味わったことのないも のでしたし、自信にも繋がりました。(※ 各課題ごとに講評し、優秀な作品には金銀銅いずれかのメダルが授与されます)

f:id:cam-engineer:20190611144807p:plain
▲ 賞をいただいた時の写真です

この研修を通して様々な気づきや学びがありましたが、何よりそれを一緒に乗り越えてきたライバルでもあり、たくさん助け合い、励まし合った23人のデザイナー同期に感謝しています。

1人だったら絶対に気持ちが折れてしまっていたことも、同期のおかげで乗り越えることができました。

研修って大変ですが...そこで得られるものは本当に「価値ある経験」です!もしCAMやCAグループを志望されるなら、ここは是非頑張って欲しいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。 次は中国から来てくれた動画の得意な趙(ちょう)くんです!!


www.cyberagent.co.jp