CAM TECH BLOG

株式会社CAMのエンジニア・デザイナーの活動を綴るブログです

株式会社CAMの技術ブログです。 エンジニアとデザイナーの活動や組織文化を綴ります。

19新卒デザイナー研修レポート(7) 〜大学生から社会人に切り替わる51日間〜

f:id:cam-engineer:20190613152417p:plain

新卒デザイン研修リレーブログも、今回で最後となりました。

ここまで読んで下さった皆さん、有難うございます。大トリとなります!ぜひ最後までご覧いただけたらと思いますので、よろしくお願い致します。

ーーーーー

それでは改めまして、19年度新卒入社の濱口陽平です。 大学では、デザインプロデュースというコースを専攻しており、イベント作りや商業施設の活性化など体験をデザインするコースを専攻していました。

今回は、CAM に入社してから約2ヶ月弱に渡るCyberAgent (※以下 CA ) と CAM の 合同デザイン研修を通して、自分が成長した!!!もしくは後輩にも知って欲しいというエピソードをピックアップしてご紹介致しますので、ぜひお楽しみ下さい。


f:id:cam-engineer:20190611162827j:plain
▲ 学生時代に面接で東京に来た時に撮った写真


完全にやらかしたグラフィック作り

センスが見たいわけではない。情報がどう伝わるかが大事。

課題が始まって最初の僕の心理としては、奇をてらったモノを作って審査員を驚かせて楽します!! でした。

しかしこれが大失敗で、簡潔にいうと奇をてらいすぎて伝えたい事が全く伝わらない、、、

自分1人で制作をし続けていると、何が分かり易くて、何が分かりにくいか分からなくなってしまうからです。

デザイナーとして1番やってはいけない事でした。まさに悪夢です。このとき僕は初めて人に見せる事の大切さを学びました。

自分が作っているモノ(制作過程)を人に見せるのって、最初のうちは慣れなくて恥ずかしかったりしますが、【 少し作るたびに意見求める 】を繰り返す事で認識のズレを無くしていくことが本当に重要なので、若いうちから習慣付ける事をおススメします。


僕たちはもうデザイナーとしてご飯を食べている

すぐにそれがリリースできて、利益になるサービスを作る。自分が作りたいものを作るのは学生。社会人として自覚を持つこと。』

研修とは言え、お給料が発生していて、僕らはもう社員として CA グループに入社しているので、デザインで何かをアウトプットする以上は、ユーザーにも会社にも利益が出るものを生み出さなければなりません。

それが会社員としての義務です。つまり自分がどう思うかではなくてユーザーがどう思うか!!

この課題を通して組織に所属するデザイナーとしての役割を学び、1番大事なのはユーザーがどのように感じるか!!という事を学びました。

そして自分が良いと思った物を自分が作りたいように作る学生時代はこの時、終わりを迎えました。


まとめ

この研修は学生から社会人へ切り替える事ができる有意義な研修です。

記事には書ききれませんでしたが、研修を通して得る物が非常に多かった51 日間でした。

スケジューリングや情報共有の仕方、自分の弱点を発見したりと本当に沢山の成長がある研修でした。

CAグループへの入社を少しでも検討している学生のみなさんには、ぜひ他の 6 人のブログにも目を通して頂きたいです。

そして入社が決まった暁には、ここで紹介した僕たちの体験を自分の中で落とし込んだ上で研修に臨んでいただければ、さらに実のあるものになると思います!

たくさん失敗して、たくさん成長してください。最後までご覧頂きありがとうございました。


f:id:cam-engineer:20190611145954p:plain
▲ 料理が好きなのに忙しすぎて自炊ができず、バナナを貪ることもありました。そして大好きな料理 が出来ず精神が壊れかけた僕の怨念が乗り移ってしまったのが上のバナナです。


www.cyberagent.co.jp